所有から「所属」へ

家を持つ、車を持つ、モノを持つ

今までは販売している商品を買って

「所有」するが一般的でした。

所有すれば持ち主が落書きしようが
カスタマイズしようが自由です。

その代わり、修理やリフォーム、
駐車場などの維持費が所有者にかかってきます。

しかし、現在はそれらを持たなくても、
すでに持っている人が使っていない資産(家、車など)
を共有できるサービスが多くあります。

家であればAirBnB、

車であればUber

服であればファッションレンタルサービスのairClosetなどです。

これらのシェアリング・エコノミーは
所属の一種で、スマホを通して
AirBnB、Uberに「所属」していることになります。

日常生活に浸透しているAmazonも会員に所属していることになりますね。

このように、所有すれば
手入れや保管にストレスが
かかっていたことでも、

所属していれば
所有の負担を
軽くしてくれると同時に、

コミュニティに
所属しているという
つながりを感じることができます。

今は振り幅が
所有よりも所属側に
きている状態なので、

この流れが当分続くか
このまま振り子が戻らない可能性もあります。

さらに、この流れは
これからより個人に向かっていくのだろうと感じてます。

人の興味のある分野は様々だからです。

この辺りはまたまとめていきたいと思います。

以上、所有から「所属」へでした。

追伸:会員制コミュニティを構築
するためのメルマガも書いているので
合わせてご覧ください。

『会員制コミュニティ構築7つのステップ』7日間無料メール講座はこちらからご登録いただけます